IT関連事業の事ならお任せください。solb(ソレビ)はIT関連の何でも屋です。

 
 
 
ServerとNASの違い
2012-07-08

ServerとNASの違い


Serverは大規模ネットワーク時に使用します。

ServerのOSはWindowsServer2008R2が基本となっております。

またServerはNASと違いメーカーによって違いますが何百万という機器を使用し高機能な設定などが可能となります。

現在では仮想化が企業で流行っており1サーバーにて複数の仮想OSを導入し対応しているのが現実です。



NASはWindowsServer2008R2とは違いLinuxベース対応しているものが主のなため、価格的にも安く小企業・SOHO・個人事業主には最低限のファイルサーバーとして使用することが出来るのでとても便利です。

また、電気代もデスクトップパソコンよりも安く経済的です。

Serverとは違い同時アクセス数などは少ないですが380アクセスまで同時にアクセスが出来るため大企業でなければNASで十分対応できると思います。


詳しくはサーバー(NAS)にてNASのメリットを参照していただけますと幸いです。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
NASを導?してみませんか?

こんな方にお勧め

1.サーバーを自社内で導入したい

2.ノートパソコンにデータを置きすぎて重い

3.社内PCのバックアップを取りたい

4.社内でファイル管理がしたい

5.ストリーミングサーバーを使いたい

6.Webカメラを使用して監視・録画をしたい

7.データを損失させたくない(ミラーリング対応)

8.簡単なWebページ(イントラ)を作成したい

9.不具合が出た時に専門SEが対応してほしい

10.ウィルス対策をしっかりしているNASを導入したい

11.情報漏えいから防ぎたい

12.外出先からNASへアクセスしてデータをダウンロードしたい

13.ユーザ・グループのアクセス権限を使用したい

14.スマートフォンで動画・音楽を聴きたい

15.電気代を抑えたい(省電力)

16.サーバーを低価格で導入したい

上記の内容で気になる方は
お気軽に問い合わせ下さい。

おすすめ情報
 

Copyright © 2010-2012 solb.All Rights Reserved